副業初心者が稼げるようになるためには!?徹底解説!

【情報商材レビュー】ウェルスグローのモバカフェ/mobacafeの口コミ評判・返金解約方法は?

ウェブライターで隙間時間に手軽く一稼ぎ

time 2021/11/01

仕事のない休日、空いた時間でちょっとした小金稼ぎしませんか。
ウェブライターって聞くと少し堅苦しく難しい技能が必要かと思いがちでしょう。
しかし、実際のところはライターに必要な資格はありません。よって理論上はどんな方でも始めることのできる副業といえます。(日本語の常識的な範囲での文章力は必要です。)
 
そもそもどうやってライターは仕事を得ているのでしょうか。実績のあるライターはともかく始めたてでも仕事を受注する方法を紹介します。
まず、一つ目として、仕事の仲介をしてもらえるクラウドソーシング系のサイトを利用することが挙げられます。

 こちらの場合、後々ポートフォリオにもつなげやすく、発注者側もそこまでスキルを求めていないことが多いため初心者でも参入しやすいことが挙げられます。確かにSEO(検索エンジン最適化)などのスキルがあればそれに越したことはないですが、発注者側もある程度妥協して低単価で依頼しているのでスキルアップのためにもより多くう依頼を受けてくことが求められます。

 デメリットとしては低単価なことくらいだと思います。

次に二つ目として、知人の依頼を受けることです。
この場合は最初から伝手がある場合しかできませんので万人向けではないかもしれませんが、仕事などの取引先の方などから依頼を受けることのできるケースもそれなりにあるため、初心者でも比較的受注しやすい依頼といえます。

また、知人の依頼を受ける場合は最初からある程度の高単価の依頼を期待できます。
上記であげたクラウドソーシングサイトでは最初は1記事辺り200円ほどの依頼が多いですが知人の依頼を受けることで1文字円から良くて3円ほどの単価を見込めます。

一文字0.5円ということは1000文字で500円であり、一文字3円であるということは1000文字で3000円ももらえるとということです。

以上二つの方法を紹介しましたが、これら以外にもSNSでコンタクトをとったり仕事用のホームページを作ったりなどの方法はありますが、そちらは初心者向けとはいいがたく現実的ではないためここでは割愛させていただきます。
 
最後となりますが、スキルアップのために記事を書く上で意識することを掲載して終わります。
記事を書く上で重要なのは読者の想定と、ワードを絞ることです。読者がどんな人でどんな状況でどんなことを考えて記事を検索するのかを考えましょう。

例えば、通勤中の男性が夏に暑さを感じて検索をしていると想定した場合、「夏 汗 対策」などのキーワードを想定してキーワードを記事内にちりばめることが必要です。